イサム・ノグチ 幻の傑作

広島原爆死没者慰霊碑

   毎年8月6日になると、広島平和記念公園原爆死没者慰霊碑がテレビに映し出される。それを見るたびに、もうひとつの忘れ去られた慰霊碑案がわたしの目に浮かんでくる。実現されなかったイサム・ノグチ原爆死没者慰霊碑案(1952)のことだ。幻の代表作とも評価されている。

f:id:aushiba:20210821082746j:plain
広島の原爆死没者慰霊碑 模型

   模型を写真で見るだけだが、ノグチの慰霊碑案にはみなぎる創作力が凝縮され、迫力に富んでいる。それが写真からでも強いインパクトとなって伝わってくる。
   4mのコンクリート打ちはなしの二本の柱がそびえ立つが、それはさらにたくましく膨らみさらに長くなり、地下にまで打ちこまれるはずだった。柱は女性の両脚に見えてくる。
   石や樹木を見ていても、ノグチはその内側を流れる生命のエネルギーを感じ取り、それを表現するが、この二本のコンクリートのまるい柱も、その物質内部を生命的なものが脈打ち、循環し、次第に地上に向かって上昇するのが感じられる。
   生動するかのような二本の太い脚にはさまれた所に、箱が壁から突き出ていて、そこに死没者たちの名簿が収められる予定だった。こうして構成されるはずだった地下の洞穴のような空間を、ノグチはあらゆるものが還る場所だとした。また、大地の力によって死者たちが再生する場所だとした。犠牲者たちに取ってかわって現れる新しい世代のための子宮だとした。
   確かに、生成とか多産は、「ペキンダック」(1920)や「誕生」(1932)や「レダ」(1942)でもうかがえるように、ノグチが生涯追求するテーマであった。
   地中に洞穴のような空間を埋めることによって空間に大地が秘める再生力を与えようとする試みをノグチはそれ以前にも構想している。アメリカのセントルイス市主催のコンペに参加し提出されたノグチの案には、その5年後に練られることになる広島の慰霊碑案の萌芽が含まれている。当時、賑わいを失い空洞化していたセントルイス市中心街の再活性化をはかるために、ノグチは中心街を地下に据えた。この案は不採用に終わり実現されなかったが、ノグチはここでもすでに大地にひそむ再生力を街の中心部に与えようと試みている。
   1952年、ノグチは広島の慰霊碑案の模型写真を市の選考委員会に送るが、案は採択されない。彼が米国籍であることがその主な理由だった。このためノグチの良き理解者でもあった丹下健三が急遽慰霊碑の設計者として指名されることになる。丹下はノグチ案を生かす方向で設計に取りかかるが、わずか一週間で最終案を提出しなくてはならなかった。現在の慰霊碑がやや小さく、ノグチ案にあったようなパワーに欠けるのはこうした事情によるものである。

f:id:aushiba:20210821085649j:plain
クロノス

   なお、上の写真でも明らかなように、「クロノス」(1947)は、慰霊碑案を連想させるものである。たくましい両脚が長くのび、その間に穴の空いた円形が吊るされている。両脚は上部でアーチ型につながるが、これらは広島の慰霊碑案と共通する点である。また、題名のクロノスはギリシャ神話に登場する農業神で、体内では解体、変容、再生が行われる。この点でも慰霊碑案が想起される。

慶應義塾大学旧ノグチ・ルーム

   広島の慰霊碑案はその3年前の1950年にノグチによってデザインされて建築された慶應義塾大学旧ノグチ・ルーム(萬来舎)をいくつかの点で思い起こさせる。
   当時、三田の慶應義塾大学は空襲によって壊滅的な被害を受け焦土と化していたが、塾長はノグチに破壊された萬来舎再建のデザインを依頼する。ノグチの父親は詩人であり、慶應義塾大学で40年間教鞭を取った英文学教授の野口米次郎である。幼い時からアメリカと日本を行き来してきたノグチは、萬来舎再建のプロジェクトを東と西を結ぶ文化活動に携わってきた父親と同様の仕事に自分も打ちこみ、そのことによって父との関係が修復されはずだと考えた。ノグチはそのデザインに没頭する。
   ただ、ノグチ自身が語っているように、ノグチ・ルーム再建はそうした親子関係修復のためのものにとどまるものではなかった。ノグチはさらに広い観点に立ち、日本とアメリカ両国間の対立を解消するような新しい文化交流の場を塾生たちに提供しようとした。同時期に進行する広島と東京三田の大きなプロジェクトがノグチを日本から離れがたくした。それに慶應義塾大学では谷口吉郎、広島では丹下健三などの良き協力者たちの知己も得た。 
   わたしは慶應義塾大学教員時代、ノグチ・ルームを研究会後の懇親会の会場(許可制・飲食禁止)として長年使用させていただいた。その体験から言わせていただくと、移設される前の旧ノグチ・ルームの基本構造は、広島の慰霊碑案のそれと同じである。
   慶應義塾大学アート・センターにより360度パノラマで撮影・編集された解体・移築以前のノグチ・ルーム(室内と庭園)ムービー画像がある。art-c.keio.ac.jp

   ここで確認することが可能だが、旧ノグチ・ルームでも、入口を入ると正面中央に打放しのコンクリートの太い二本のまるい柱が天井まで立てられ、大きな暖炉がその間にはさまれている。二本の柱が中心となって支える天井裏には明るい照明が当てられていて、その光の一部が上部から漏れ、ルームをほのぐらく照らし出していた。天井裏のほうが明るい地上を思わせる一方、ノグチ・ルーム自体は地下を思わせる落ち着いた会場になり、二本の柱とそれが囲む大きな丸い暖炉を中心にして参加者たちが自由に意見を交わすことができる空間となっていた。広島の慰霊碑案でも、地上の明るい光が天窓を通して地下に降り注ぐ形が構想されていた。
   残念ながら、移転された現在のノグチ・ルームでは天井が取り払われていて、こうした照明による地上と地下の二層に渡る演出は感じられないものとなっている。
   旧ノグチ・ルームの二本の脚の間からは、奥に設けられた床の間が見え、そこには埴輪がひとつ置かれていた。広島の慰霊碑案でも全体が家形埴輪を模したものとなっている。家形埴輪は埴輪の中でももっとも重要なもので、古墳の中心部分の上に置かれ、邪をはらい再生を願うものとされている。

f:id:aushiba:20210821102419j:plain
慶應義塾大学 旧ノグチ・ルーム

   ここには57歳で亡くなった母親レオニー・ギルモアの思い出がこめられていると思われる。ノグチは深く思慕していた母親の墓に手製の埴輪を入れている。神話などの文学や芸術への愛をノグチに吹きこんだ母親レオニー・ギルモアは、ノグチがアーチストになることを願い、茅ヶ崎に自宅を新築する際にも和風建築を選び、当時10歳くらいのノグチに大工たちの現場監督のような役割をつとめさせた。さまざま紆余曲折があったが、ノグチは両親から芸術的なるものへの愛を受けつぎ、それは彼の創作活動の基盤を支えることになった。

東西の軸

   見逃してはならない点は、この両脚を思わせる二本の柱を中心に据えるノグチの慰霊碑案と旧ノグチ・ルームは、それぞれ個別にとらえられるべきものではないことである。慰霊碑もひとつのオブジェとして自律し完結するものではなく、広島市平和記念公園につながる東西二つの橋の欄干に見られるノグチの他の作品も視野に入れて把握すべきものとなっている。慰霊碑も、また旧ノグチ・ルームもその周囲に広がる外部の生活圏やキャンパスとも密接な関連を結んでいて、壮大なまでのヴィジョンによって生かされている。

f:id:aushiba:20210821115019j:plain
広島市平和大橋欄干東側 ヘイデン・ヘレーラ「石を聴く」 より

   ノグチは調査旅行中に訪れたエジプトの古代遺跡から広島の橋の欄干の着想を得ている。エジプト神話によると、太陽を頭につけた鷹を持つ神が、毎日東から西へと船で旅を繰り返す。その神は夜になると西で死ぬが、また翌朝東から甦ってくる。東の欄干は昇る太陽の形をしていて、西のそれは船の形に発想を得ている。
   生と死、その後の再生という大きな観点から東と西を結ぶデザインは、旧ノグチ・ルームの周囲でも確認できた。ルーム東側スチールサッシの引き戸からは鉄板を組み合わせた彫刻「若い人」がキャンパスに置かれているのが見えたが、反対側の大きな西側ガラス引き戸の正面には、「無」と題された砂岩の彫刻が庭の中に置かれていた( 彫刻「若い人」はその後二度移設される)。この彫刻「無」上部には円環が乗り、その穴を通して落日を眺めることができた。東の若さから西の落日という死へ、その後にまた東から再生が日々繰り返される。その下では塾生たちの新たなものへの活動がいとなまれる・・・。

f:id:aushiba:20210821103655j:plain
《無》の模型を製作中のノグチ 「石を聴く」 より

   肖像彫刻制作に取り組み、すぐれた作品も多く残したが、ノグチは胸像彫刻に本腰を入れることはなかった。ノグチの作品は次第に建築や造園・作庭といったカテゴリーにまで広げられて造形されるようになった。デザインされるランド・スケープに配されたさまざまなオブジェの間には密接な関係が結ばれている。共同体の人びとがいとなむ生の広い場のほうが称揚され、それは個人が顕彰される従来の記念碑ではなかった。米軍による激しい空襲にさらされ焦土と化した三田キャンパス復興に取り組んでいた建築家谷口吉郎に、ノグチは自分にとって三田キャンパスの丘は、パルテノン神殿が建設された現代のアクロポリスだと語っている。
   このノグチ・ルームは、現在では法科大学院新設にともなう新棟建設(2002年決定)のため、一部が切り離され新棟3階に移設されている。このためノグチ・ルーム本来の全体像が把握できない状態になっている。ノグチ・ルーム東側キャンパスに置かれていた彫刻「若い人」はノグチ・ルームから切り離されて、彫刻「学生」とともに一階エントランスに別置された。このためノグチ・ルームを中心としてキャンパスに刻されていた東西の長い軸は切断されたままとなっている。

デトロイト市ハートプラザ

   ノグチは、アメリカのデトロイト市が1971年に行ったコンペ(「ダッジ・ファウンテン」)に招待され、デトロイト市中心部再活性のために噴水のデザインを提出し、審査委員会で全員一致で選ばれることになる。そのデザインの基本は、広島の慰霊碑案と旧ノグチ・ルームのそれと共通する。写真からでもわかるように、9mの長くまるい両脚が空中で水を吹き出す円環を支えている。二本の金属の脚の間に置かれた丸い水盤からも噴水が吹きあがる。ハイテクで作動するが、子供を産む女性の両脚がここでも連想される。

f:id:aushiba:20210821095601j:plain
デトロイト、ハート・プラザ

   コンペで採択されると、ノグチは噴水だけでなく、デトロイト市中心部の街のデザインもやらせてほしいと願い出て、これも認められることになる。吹き上がり、時に虹を架ける噴水を中心にして、北西に野外劇場、その正反対の南東にピラミッドが作られる。ノグチ特有の東西方向に伸びる軸構成のひとつといえるだろう。商店街は地下に置かれ、土地が秘める活力がここでも引き出され利用されようとしている。中心部の地上ではイベントが開催されるが、主役はヒーローのような特定の個人ではなく、デトロイト市という共同体のために尽力する市民たちである。
   東京でも広島でもデトロイトでも、アルカイックなものにひそむ力が引き出され、誕生と再生という時を超える生命力が大きな解放感のある作品に宿るようになった。

   ノグチはアイデンティティを求めて世界をさすらった旅人である。その多様な作品には独特の洗練された魅力があり、「あかり」シリーズといった工業デザインも成功した。舞台装置も手がけた。しかし、モダニスムにも抽象芸術にも長くは没頭できなかった。特定の芸術運動につき従うこともしなかった。
   アメリカでも敵性外国人として監視下に置かれ、日系人強制収容所に自らすすんで入所したりもしたが、創作においても生活においても、ノグチは自分が真の意味で帰属することができる場を求めつづけた。土地に根付くようにして生まれ育てられ、その生活が繰り返されてゆく ― 土地にそうして生きつづける人びとをノグチは羨望しつづけた。
   1973年に行われたインタヴュー記事の中で、ノグチは、「ぼくにとってアイデンティティが見つかるとしたら、それは芸術の中だけだと思う」と語っている。焦土と化した大地に母なるものや父なるものを盛りこみ、人びとの生活に開かれた新たな家を作る、大地に根ざす新たな家郷ともいえる作品を創出する ― ノグチはその夢を生涯かけて追い求めた。
   そして、その夢は広島でも東京でも実現されることになった、たとえそのいくつかは幻に終わることになったとしても。

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村